民間の介護保険

民間の介護保険?

介護保険というと公的な介護保険をイメージする人がほとんどだと思います。この公的介護保険には認定された要介護度によって利用限度額が設定され(例えば住宅改修費用は20万円限度)、また、基本的には利用する介護サービスの費用の1割が自己負担となります。加えて要介護状態になると配食サービスやおむつ代が必要となることがありますが、これらのサービスは公的介護の対象外です(俗に「横出しサービス」と呼ばれます)。よって公的介護保険だけでは足りない費用を賄う民間介護保険の出番です。

さまざまな民間の介護保険からお客様に最適の商品をご提案申し上げますので、ぜひ兼松L&Iにご相談ください。