介護施設の選び方

介護施設の選び方

介護が必要な状態となっても、できれば住み慣れた我が家で暮らしたいと考える方が多いことでしょう。それでも、残念ながらそこに住み続けることが難しくなり、介護施設への入居を検討せざるを得ない局面もあります。代表的な介護施設は以下の通りです。

特別・養護老人ホーム(介護老人施設) 概要 社会法人が運営する公的施設で、入浴、排せつ、食事など日常生活の世話、療養上のケアなど幅広い介護サービスを提供します。一方、一部施設を除いて医療的ケアは提供していません。所得により負担額が軽減される制度があることから人気が高く、申請から入居までにかなりの待機期間があります。
入居条件 規定上介護1以上ですが、待機者が多いことから実質介護3以上が入居条件といわれています。
概算費用 月額(居住費、介護サービス自己負担額、食費込)10万円~
介護付き有料老人ホーム 概要 要介護者に対する看護、介護職員の数など細かな規定をクリアし、「特定・施設入居生活介護」の指定を受けた民間業者が運営する施設。重度な介護にも対応できるが、医療的なケアは施設により提供レベルが異なる。
入居条件 多くは要支援、要介護の認定を受けたことが条件となりますが、一定の年齢以上であれば、認定を受けてなくでも入居を認めている施設もあります。
概算費用 入居一時金0~数千万円、月額(居住費、介護サービス自己負担額、食費込)15万円~
サービス付き高齢者向け住宅 概要 安否確認、生活相談などのサービスを提供するバリアフリーの賃貸集合住宅。自分のペースで生活できる一方、介護サービスは外部との連携で、24時間手厚いサービスを期待するのは難しい
入居条件 基本的に60歳以上が対象
概算費用 敷金0~150万 月額(家賃・共益費・サービス利用料、食費抜き)10万円~
認知症グループホーム 概要 5~9人のグループで介護サービスを受けながら、共同生活を送ることで認知症の症状を和らげたり、進行を抑えることを目指す施設。施設スタッフが介護サービスを提供
入居条件 要支援2以上で、他人に暴力をふるうなどの症状がなく共同生活がおくれる方。
概算費用 月額(居住費、介護サービス自己負担額、食費込)15万円~

上記以外にもシルバーピア(シルバーハウジング)、健康型有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、軽費老人ホーム(ケアハウス)、養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設などがあります。

介護施設を選ぶ場合、パンフレットよりも「重要事項説明書」をじっくりと読み込む必要があります。例えば、「入居者の退去事由」で「その他の福祉施設への転居」の人数が多い場合は具体的な理由、事案を施設側に確認しましょう。また、「職員の離職率」が高い場合、組織運営に問題があるのかもしれません。必ずしも十分ではありませんが、厚生労働省の「介護サービス情報公開システム」で都道府県の平均値と当該設備の指標も比較できます。