出産

健康保険組合にお問い合わせください

お子様が生まれると手続き面でもその他でも次々やらなければならないことがあって大変ですが、なにより物入りですよね。
健康保険組合から出産一時金や出産手当金が支給される場合があります。ご加入の健康保険組合にご照会下さい。

この機会に保険のこと考えませんか?

「親となったからには、責任重大。自分に万が一のことがあっても、その後の家族が暮らしていける生命保険も考えなければならないし?」「でも、色々と物入りだし、教育資金も考えなければならないから、保険料コストは削減しなければならなし??」保険のこと一緒に考えませんか?

このおめでたい機会に将来のライフプランを立ててみませんか?

お子様がどのように成長していくのか、楽しみですね。何に興味を持って、どんな友達と付き合って、どのような学校に進むのでしょうか?親として精一杯支援してあげたいですよね。進学時期など将来の出来事をまずは見える化しませんか?

子供はかわいいけど、しんどいヨー

夜中に何度も起こされてクタクタだし、何をしても泣き止んでくれないし、もうイライラ爆発!!となる前にやっておくべき4つのこと。

  1. イライラへの応急処置→気持ちを落ち着かせるツボをマッサージ
  2. 子供と一緒に昼寝→子どもが寝ている間に家事を片付けようなどと考えず、子供が寝たら自分も一緒に休憩タイム。家事は徹底手抜きでOK
  3. 子育てコミックで笑い飛ばせ→作者の実体験に基づくコミックは「あるあるネタ」満載。
  4. 癒しは味覚から→スイーツ、味噌汁お好みで。産後ダイエットなんて気にしない、気にしない。

イクメンへの道は厳しい?楽しい?

やや言葉だけがブームとなってしまった感もある「イクメン」ですが、お父さんは一所懸命なのに、子供は迷惑顔、お母さんもちっとも助かっていないといった例もあるようです。親が子供を育てるのは、当たり前で、そこに父親、母親の線引きをする方が無理があり、まずは夫婦で育児についてよく話をするのが第一歩。
でもちょっと周りの人々の経験と知恵が気になったら、「イクメン」などのキーワードで検索してください。

関連記事